Category Archives: マインドフルネス瞑想

Loading
loading..

2018年もよろしくお願い致します。

明けましておめでとうございます。
昨年中もありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

2018年1月8日 小澤一帆

新春♡お年玉キャンペーン!のご案内です。
詳細は>>>【新春♡お年玉キャンペーン!】

また、近々こちらのHPの内容を一部変更する予定です。
整理収納業に関しては、アドバイザー知識を生かしたコーチング業務へシフトしますので、
事業内容から外していきますのでご了承下さいませ。

結果を求めるより大切なこと♡

なぜ、瞑想(メディテーション)は続かないのか?

 

瞑想(メディテーション)に歴史があることも
科学的にも証明されていることも周知の事実です。

 

瞑想(メディテーション)を生活の中に取り入れて
心穏やかに日々過ごしながらも集中力や決断力、
パフォーマンスを向上させて成果を上げたいと願い、
瞑想(メディテーション)を体験したことがある方も
少しづつ増えてきているのではないでしょうか。

 

ところが、続かない。。。

その原因の多くは
「すぐに結果を得られないことであり、つまらないと感じていること。」
なのではないでしょうか。

 

現代はインスタントの時代なので、何でも気軽に始めることができる。
でも、すぐに結果が出ないことはやる気が出ないので止めてしまう。
私たちはすぐに効果(恩恵)を求めるものなのです。

 

しかし、本当に身につくことや良いモノ、大切なことは
手間暇がかかり時間がかかることなのでは?

 

その過程が一番今ココに意識を向け、
手間をかけ時間をかけ心が満たされている状態なのではないでしょうか?

 

例えば、料理。
時間をかけ手間暇かけた料理の味はどうでしょうか?

例えば、筋肉トレーニング。
ゆっくり時間をかけた筋肉は効果が長いのではないでしょうか?

例えば、ワイン。
熟成されたワインは重たい奥深い味がしないでしょうか?

例えば、育児。
時間をかけ、気をかけ、手間をかけ育てて初めて自立していくのではないでしょうか?

 

便利だと感じているインスタントが、
実は心のストレスを作り出しているかもしれません。

 

今、世界的に広がっている瞑想(メディテーション)も
長期的な経過を辿る必要があります。

すぐには結果が出ないでしょう。
継続していく中で恩恵というのはふと訪れるのです。
もっというと恩恵が得られると思いながら行っているうちは、
恐らく得られないのではないでしょうか。

 

手間暇かけた料理をパートナーに振舞って、
相手から感謝の言葉を期待している時には
見返りを求める欲が出ていて、
期待外れの言動を受ければストレスになるのです。

 

どこに視点を置いたらいいのか。
それは純粋な気持ちで手間暇をかけているその瞬間、
自分は満たされているはずなのです。

 

瞑想(メディテーション)を継続していると
これで十分なのだと自然と感じられてきます。

それが穏やかな心を作り、
集中力や決断力に繋がっていくのです。

瞑想って無になること??

「瞑想って無になることでしょう?ムリムリ~笑
私、雑念だらけだし、絶対寝ちゃうも~ん!笑」

 

な~んていう言葉は10人いたら9人は仰います。

 

ヨガにおいても少し前まではこんな言葉よく聞いていたなぁ。

 

「ヨガって柔らかい人がやることでしょう?ムリムリ~笑
私、硬いし、そういうレベルじゃないも~ん!笑」

 

今でこそヨガのイメージが変わってきて、
少し言葉が変わりましたかね。

 

「体硬いですけど、いいですか?」になった♡

 

welcome♡welcome♡welcomeーーー♡

 

だからこそやるんです!
そういう人ほど変化や効果が表れやすいんです!

 

だから、瞑想で寝ちゃう人、もしくは思い込んでる人!

 

welcome♡welcome♡welcomeーーー♡

 

 

ところで

「瞑想」=「無になる」

と思われている方が多いですよね。

 

そもそも「無になる」ということはどういうことなのでしょう?

 

「無になるとは・・・。」
ご自身の言葉で表現してみて下さい。

難しいですよね?

 

では、表現方法を少し変えてみましょう。

瞑想というとこんな表現もよく聞くので…

 

「思考から解放される」
「思考を止める」

 

これはどういうことなのでしょうか?

 

「思考から解放されるとは・・・。」
「思考を止める・・・。」

 

ご自身の言葉で表してみて下さい。

 

いかがでしょうか?

自分なりの言葉で表現できたでしょうか?

 

 

私は、
今日、今の私の言葉で表現するならば

「思考から解放されるとは、蜘蛛の巣のような思考の堂々巡りを解き放つこと!」

 

 

マインドフルネスメディテーションの師であるDavidも言います。

 

瞑想中、考えが浮かんでもいいのです。
思考が浮かんできてもいいのです。

 

大切なことは、その考えや思考に囚われ続けたり、深追いをしないで
それに気づいて「今ここに意識を置き続ける」ことです。

と。

 

そして、

無になろうとしている時点で思考が働いています。
結果的に無になっている純粋な状態で良いのです。

 

なので、昔のヨガのイメージ同様、
瞑想のイメージも勝手にハードルを上げないで、
ただ坐るということからスタートしてみましょう!

 

川越で仏教由来のマインドフルネスメディテーションを
学べる場所、実践できる場所があります!

↓ ↓ ↓

【release】

Layout mode
Predefined Skins
Custom Colors
Choose your skin color
Patterns Background
Images Background