Category Archives: アロマテラピー

Loading
loading..

万能精油♡ラベンダー・アングスティフォリア♡

心地よい香りは呼吸を自然と深めてくれる効果があるので、
ヨガのクラスで用いられることが多いかと思います。

 

そんな繋がりがあるので、ヨガのインストラクターが、
アロマ関係の資格を持っていることも頷けます。

 

先日のクラスでは、ラベンダー・アングスティフォリアを使用して
ヨガ&瞑想クラスを行ったのですが、大好評だったのでこちらでもご案内します。

 

アロマテラピーの万能精油であるラベンダー。
同じラベンダーでも協会によって香りが異なりますし、
ラベンダーにも種類があって有効成分が異なります。

 

今回は、プラナロム社のラベンダー・アングスティフォリア♡

(Amazonより画像引用)

甘酸っぱい香りが特徴で、深い香りは心を落ち着かせてくれます。

 

エステル類、モノテルペンアルコール類が主成分になるので、
精神安定作用は抜群です♪

 

鎮痛作用、鎮静作用、誘眠作用、筋肉弛緩作用、血圧降下作用、
皮膚組織再生作用、創傷治癒作用など
他にも数多くの期待できる有効作用があるので、
ラベンダー・アングスティフォリアは常備していて良い1本です!

 

ネットにて、10ml/3500~4000円位で購入できます。

 

ご興味がある方は、ぜひお試しください♡

 

寒い季節はお家で香りを楽しむのが大好きです♡

【12月】女性のアロマレッスン

立冬を迎え、さらに乾燥が気になる季節になりました。
個人的には、秋冬は一年のうちでアロマが大活躍する季節です。
というより、アロマが恋しくなる季節です♡

少々遅くなりましたが、今年も「女性のアロマレッスン」を開催します!!

アロマもいろんな角度や視点からアプローチすると面白いので、
ぜひいろいろ楽しんでみて下さいね♪

12月の女性のアロマレッスンは、中医学の観点から精油を選んで、
セルフケア用のアロマブレンドマッサージオイル作りを行います!!

 

【アロマブレンドマッサージオイル作り
~中医学観点から診る!美しく年齢を重ねる鍵は腎のケア~

 

冬は、内臓の「腎」と深い関わりがあります。
そして、「腎」は、骨・歯・耳・髪とも深い関わりがあります。
つまり、骨粗鬆症や歯のもろさ、白髪や更年期障害など関係します。
「腎」は年齢と共に機能が低下しますし、寒いのがとても苦手なのでケアを怠れば機能低下に拍車がかかります。
そこで、日々の生活習慣を改善したり、「腎」や「気血水」に対応した精油でケアをしてあげるとアンチエイジング効果が期待できます。

c68e523a27393ec3867c74e7cd0f856e_m

≪日程≫
12/8(木)9:45~10:15/ウェスタ川越2F和室
12/9(金)9:45~10:15/ウェスタ川越3F研修室1
12/17(土)9:45~10:15/ウェスタ川越2F和室
12/21(水)9:45~10:15/ウェスタ川越2F和室

 

≪定員≫5名
≪レッスン代≫1200円(材料費、テキスト代込み)
※スタンプカード使用不可
≪担当≫kazuho
≪予約方法≫releaseメンバーさんは、通常の予約システムをご利用ください。
予約開始は11/10~となります。
releaseレッスン初めての方は、release.kazuho@gmail.comまで下記内容をご連絡下さい。
①お名前②ご連絡先③ご希望の日時と内容

 

ご予約お待ちしております!

鼻・喉の不調を改善するメディアアロマテラピー

私は話をする仕事をしていますので、喉の不調にはとても気をつけています。

インストラクター業の方は比較的多い症状らしいですが、過去に2回程、
全く声が出なくなったことがあり、申し訳ないやら虚しいやら困り果てました。

 

一方で、声が出ないことで良い効果もありましたよ。
それは、口うるさい母が声が出ないというのは子供にとってとても天国であるということ( ;∀;)笑

 

余談はさておき、私が実行している 精油を活用した喉・風邪予防対策をご案内しますね。

 

1、精油の芳香浴
2、首周りのマッサージ

 

1、精油の芳香浴

★ユーカリラディアタ
(去痰作用、呼吸器系鬱血除去作用、抗鎮咳作用、抗炎症作用などあり鼻・喉の不調に改善効果が期待できます。)

★ラベンサラ
(去痰作用、抗ウィルス作用、抗感染作用、抗炎症作用などがあり呼吸器系の不調に改善効果が期待できます。)
20160113_40964451

t02200215_02300225113704513141

マグカップにお湯を入れ、上記の精油を1滴づつ垂らします。
そのマグカップを顔の近くに持ってきて1~3分程深呼吸します。

 

もしくは、ティッシュにユーカリラディアタを1滴垂らします。
そして、マスクをしマスク越しにユーカリラディアタを直接吸入します。
これも3分程します。

 

2、首回りのマッサージ

ホホバオイルにラベンダーを垂らして、顎から耳下、肩先まで優しく円を描きながらセルフマッサージをします。
だいたい5分程、セルフマッサージをしています。

 

喉の違和感や調子が悪い時は、首回りのリンパの流れが滞っていることもあるようで、
私はびっくりする程の効果が表れることがあります。

 

ラベンダーには、自律神経調整作用や鎮静作用、鎮痛作用などあります。
何より落ち着いた香りで包まれるので、リラックス効果が高まって安眠に繋がります♡

 

乾燥が厳しい季節の到来です。

そんな季節は呼吸器系に不調が出やすいので、ぜひ精油を活用してケアしてあげてください!

 

それでもダメな時は…お休みしなさいという合図ということで、受け入れるようにしています。

逆らわず休養する♡

心身スッキリ☆ユーカリグロブルス☆

ユーカリにはいくつか種類があります。

・ユーカリラディアタ
・ユーカリシトリオドラ(ユーカリレモン)
・ユーカリグロブルス

 

今回は、ユーカリグロブルスをご案内します。
※名前は似ていても成分が違うので、成分表を確認することをオススメします。

 

ユーカリグロブルスは、秋~春先にかけて大活躍してくれる精油の一つです♡

 

この精油の主成分は1.8シネオール。(成分の80%程を占めています。)
1.8シネオールには、抗炎症作用があるので喉鼻の不調を改善に役立ちます。

 

また、鎮咳作用、去痰作用、、抗カタル作用もあるので、風邪やインフルエンザ、花粉症シーズンにはつらい症状を緩和する効果もあります。
風邪の引き始めなどに使用すれば、回復を早めるお手伝いをしてくれるでしょう。

 

何よりスッキリする鋭い香りは、心を浄化して意識をしっかり取り戻してくれる覚醒作用があり、集中力や記憶力も高まります。

 

そんなユーカリグロブルス♡
吸入という方法のアロマテラピーはいかがでしょうか?

 

ツルツルと鼻水が出るな~。
鼻づまりで息苦しいな~。など。

 

そんな時、マグカップにお湯(熱湯NG)を入れて、精油を1~2滴垂らします。
鼻をかんだ後、マグカップに顔を近づけ3分程度深呼吸します。
鼻水が出始めたら、また鼻をかみます。
そして、また吸入のアロマテラピーをします。

 

鼻が通りだして、呼吸が楽になったらOK!

 

間もなく、乾燥の季節がやってきます。
乾燥の季節は、肺にトラブルが生じやすくなります。
呼吸器系をケアしてあげることは、とても大切です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◆学名/Eucalyptus globulus
◆科名/フトモモ科
◆抽出部位/葉・枝
◆抽出方法/水蒸気蒸留法
◆主な産地/ブラジル、オーストラリア、ポルトガル
◆ノート/トップ
◆香りの強さ/強い、やや刺激強い
◆注意/刺激が強いので、原液を肌に直接つけるのは避けましょう。
妊婦さんや乳幼児には使用しないようにします。

starr_051123-5467_eucalyptus_globulus1(写真/ウィキペディアより引用)

眼精(脳)疲労にオススメの簡単アロマテラピー

今年(2016年)8月後半から台風が連続していますね。

私たちは通常の曇りや雨の天候でさえ気持ちがどんよりする人も少なくありません。
それが台風となれば、急激に気圧が変わるのでさらに体調が悪く感じる方も多くなりますね。

・疲労感
・気力低下
・食欲増加(低下)
・胃の不調
・浮腫み
・下痢(便秘)
・目が回る など

自然の一部である人間は天地で起こる自然の影響を受けることは不思議ではありません。

影響は受けながらも通常は自分の自律神経が自分を調整をしてくれます。
その調整が少しでもスムーズに行えるように、自分が心掛ければできる養生生活法をおすすめします♡

5b9b08a258eeb489c8fe802c86539155_m

(1)その日の疲れその日のうちにリセット
早寝早起きで規則正しい生活を心掛け、「気」を高めます!!

 

(2)胃腸の負担を減らします
胃腸の負担となる原因(冷たいもの、油もの、生もの、暴飲暴食)を控え、ゆっくり噛んで消化の良いものを食べます!

 

(3)午前中に身体を動かします
ヨガやウォーキングなどで、呼吸と共に身体を動かして「気」を巡らせます。
午前中から気が巡ると一日が充実してきます!

 

(4)目の使い過ぎや脳の使い過ぎに注意
目や脳の疲労は、「血」が消耗する原因となります。
スマホ、PC、テレビ、本など長時間連続使用を控えます。

 

(5)アロマを生活のエッセンスに♡

【眼精疲労におすすめのアロマテラピー】

♡慢性的に溜まっている眼精疲労・・・温かいお湯
♡急性的な眼精疲労・・・冷たい水

洗面器にお湯もしくは水を張り、お好みの精油を1滴垂らします。
そこにタオルを入れ、水気を絞り、閉じた瞼に当てます。

≪おすすめの精油≫
♡ラベンダー
♡カモマイルローマン
♡ベルガモット など
鎮静効果もしくはリフレッシュ効果あるものが良いですね♪

 

今週も台風上陸が予想されています。
皆様も体調や体調に気を付けてお過ごしくださいね。

kazuho

アロマテラピーの種類と歴史

私がまだアロマは”香り”のことだと思っていた頃は、香りが良ければそれでOKぐらいの認識でした。
つまり、合成でも天然でもあの可愛らしいボトルに入っているものならOK。
なので、安くて可愛い方をチョイスして購入していましたね。

でも、途中であれ?どうやら同じ香りでも何かが違う。
それに気持ちいいと思う時と吐き気が起こる香りもある。

ココロにもカラダにも良いと聞くアロマのこと。
もっとちゃんと知りたいと思ったのかが勉強をするきっかけになりました

 

≪アロマテラピーとアロマセラピーって何が違うの?≫

どちらも同じで意味で、芳香療法(アロマ=精油、セラピー=療法)です。
ただ、英語とフランス語の読み方の違いがそのまま続いているだけです。
Aromatherapyは、英語で読むとアロマセラピー。フランス語で読むとアロマテラピー。

 

≪アロマテラピーには種類があるの?≫

大きく分けると二つあります。

「フランス式アロマテラピー」
フランス式メディカルアロマテラピーは香りだけで無く、精油の成分を利用して病気の予防や体調不良を改善する自然療法です。
また、精油の成分を分析し治療目的で研究されているので、医療面の臨床データが豊富です。

「イギリス式アロマテラピー」
イギリス式は、主に香りとマッサージによるリラクゼーションとして利用します。
日本での普及率が高く、一般的に言われているアロマテラピーは、このイギリス式です。

 

≪その二つの歴史は?≫

「フランス式」は、1928年にフランスの化学者が実験中の事故で火傷を負ってしまい、
とっさに目の前にあったラベンダーの精油をかけたところ、火傷が回復したそうです。
その体験から、アロマ(芳香)とテラピー(療法)を足した「アロマテラピー」という言葉が生まれました。
その後、フランス軍医であったジャン・バルネが負傷者達に精油を使った治療をして大きな成果を出したのが、
メディカルアロマテラピーの起源です。

「イギリス式」は、フランスのメディカルアロマテラピーの知識を持ったマルグリット・モーリー女史や
医師のジャン・バルネ博士によってイギリスに伝えられました。
そのマグリット・モーリー女史が1961年に精油を植物油に希釈してマッサージする方法を提唱しました。
これがイギリスに伝わり、マッサージやリラクゼーションとしてのアロマテラピーが定着したのが始まりです。

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_m

アロマテラピーの起源はフランスです。

どちらも共通していることは、天然の精油を使用しているということ。
天然ということは、それだけ希少価値があるということです。
そして、その精油は私たちに沢山の恩恵をもたらしてくれます。

フランス式でもイギリス式でもご自身に目的に応じて、使い分けて行くとよりアロマテラピーが楽しめますね♪

私はどちらかに偏ることなく生活の中でアロマが楽しめるよう、
そして、少しの知識を皆さんとシェアしていきたいと思います。

アロマテラピーコラムを始めます

こちらのコラムでは、実生活に簡単に取り入れるアロマテラピー方法や精油を使用したハンドメイドアイテム、
メディカルアロマを学んだ経験を活かした成分知識や効能などに触れていきたいと思います♡

また、不定期ですがアロマクラフト教室なども行えればと思っています。

ぜひこちらのコラムへもお立ち寄りください。

小澤一帆

Layout mode
Predefined Skins
Custom Colors
Choose your skin color
Patterns Background
Images Background