瞑想って無になること??

Loading
loading..

瞑想って無になること??

10月 12, 2017
kazuho
No Comments

「瞑想って無になることでしょう?ムリムリ~笑
私、雑念だらけだし、絶対寝ちゃうも~ん!笑」

 

な~んていう言葉は10人いたら9人は仰います。

 

ヨガにおいても少し前まではこんな言葉よく聞いていたなぁ。

 

「ヨガって柔らかい人がやることでしょう?ムリムリ~笑
私、硬いし、そういうレベルじゃないも~ん!笑」

 

今でこそヨガのイメージが変わってきて、
少し言葉が変わりましたかね。

 

「体硬いですけど、いいですか?」になった♡

 

welcome♡welcome♡welcomeーーー♡

 

だからこそやるんです!
そういう人ほど変化や効果が表れやすいんです!

 

だから、瞑想で寝ちゃう人、もしくは思い込んでる人!

 

welcome♡welcome♡welcomeーーー♡

 

 

ところで

「瞑想」=「無になる」

と思われている方が多いですよね。

 

そもそも「無になる」ということはどういうことなのでしょう?

 

「無になるとは・・・。」
ご自身の言葉で表現してみて下さい。

難しいですよね?

 

では、表現方法を少し変えてみましょう。

瞑想というとこんな表現もよく聞くので…

 

「思考から解放される」
「思考を止める」

 

これはどういうことなのでしょうか?

 

「思考から解放されるとは・・・。」
「思考を止める・・・。」

 

ご自身の言葉で表してみて下さい。

 

いかがでしょうか?

自分なりの言葉で表現できたでしょうか?

 

 

私は、
今日、今の私の言葉で表現するならば

「思考から解放されるとは、蜘蛛の巣のような思考の堂々巡りを解き放つこと!」

 

 

マインドフルネスメディテーションの師であるDavidも言います。

 

瞑想中、考えが浮かんでもいいのです。
思考が浮かんできてもいいのです。

 

大切なことは、その考えや思考に囚われ続けたり、深追いをしないで
それに気づいて「今ここに意識を置き続ける」ことです。

と。

 

そして、

無になろうとしている時点で思考が働いています。
結果的に無になっている純粋な状態で良いのです。

 

なので、昔のヨガのイメージ同様、
瞑想のイメージも勝手にハードルを上げないで、
ただ坐るということからスタートしてみましょう!

 

川越で仏教由来のマインドフルネスメディテーションを
学べる場所、実践できる場所があります!

↓ ↓ ↓

【release】

Leave A Comment

Layout mode
Predefined Skins
Custom Colors
Choose your skin color
Patterns Background
Images Background