マインドフルネス瞑想

Loading
loading..

マインドフルネス瞑想の実践は、私たちの人生をより良くしてくれる最高のメソッドです。

マインドフルネス瞑想とは

今この瞬間に意識を置くトレーニング瞑想法です。

マインドフルネスとは、今この瞬間に起こっていること(思考・感情・感覚)に気づき、良し悪しの判断をすることなく、ありのままに受け入れることです。

私たちの心(脳)は今ではなく、未来のことを心配したり、不安になったり、過去のことを後悔したり常に何かを考えすぎています。
その結果、心(脳)の働きが複雑化し、物事を難しくさせてしまい、慢性的なストレスを抱えている状態です。

マインドフルネス瞑想を通して、自分自身の思考から離れるトレーニングを継続していくことで
心(脳)が本来のシンプルさを取り戻し、物事を鮮明に観る力、現実を正しく受け入れられる状態がマインドフルネスです。

現在、最も多く知られているマインドフルネス瞑想はアメリカで現代版にアレンジされた瞑想法です。
例えば、マサチューセッツ大学のジョン・カバットジン博士が仏教の瞑想を元に西洋医学と融合させたMBSR(マインドフルネス・ベースド・ストレス・リダクション)は、マインドフルネス瞑想の効果を広く世界に伝えています。
様々な健康上の問題(ストレス、悩み、病気など)を解決する為、進化してきました。

しかし、マインドフルネス瞑想の元は仏教の伝統的な瞑想法です。
ブッダ=悟りをひらいた者といわれますが、言いかえると「目覚めている状態」です。

瞑想をすると鮮明に物事を観ることができるようになり、事実を事実として受け止められるようになります。
その状態というは、余計な思考が働かなくなり物事をシンプルに受け止めれるようになるので、心はクリアになります。

私たちは、マインドフルネス瞑想を通して、心の筋肉トレーニングを行うのです。
体の筋肉と一緒で、心もトレーニングをすることで鍛えれていきます。

releaseでは、下記の瞑想トレーニングを行います。

①シャマタヴィパッサナ瞑想=マインドフルネス瞑想
②熟考のメディテーション
③慈悲と思いやりのメディテーション

Layout mode
Predefined Skins
Custom Colors
Choose your skin color
Patterns Background
Images Background